我聞11


成仏とは  2002-5-12 大阪法座

皆さん、今日もお集まりいただきまして、本当に有難うございます。
実は今、私は正月からこっちへ、あることで正法というものの、27年間をいろいろと反省させてもらって来ました。

人が成仏する、とはどういうことか?
成仏する、成仏したい、といいますが、それは一体どうすれば成仏できるのだろうか?
又、巷でよくいうポックリさんとは、どういうことか?死ぬときはなるだけ苦しまずポックリ
いきたい、と人は言い、ポックリ寺に参る。そうだろうか?

 ポックリさんの原理とは?

ある女性が若い男性に、結婚資金や老後の資金に貯めたお金を騙し取られてしまったの
です。そして運命のなかで、乳ガンになり手術をして、女性の機能も失いました。さらに阪神大震災で家がなくなり、独りいる姉さんの家に寄留した。その後、母親も亡くなった。

母親は生前、その娘を見て死ぬにも死ねんといった。
「お前には何にもようしたげんと、むごい人生を送らせて、こんな目に遭わすのやったら産んでやるんやなかった。お前だけは心配じゃ」というて泣いた。
しばらくして定年退職した。全てを失い、この世への執着するものが全部とられていたのです。
お母さんが死んで三回忌の頃でした。その彼女に向かって「今こそチャンスだから、本気で禅定してみなさい」と僕は勧めたのです。

そしたら家で禅をする彼女のまわりにつむじ風が起こって、その中心に自分が吸い上げられそうになった。その通り道のことをいわゆるワームホールといい。我々はドライパイプと
呼ぶ。
身体が浮き上がってきた。安定が悪い。こわいよぉ~と思ったら、ドスンと落とされた。びっくりして目を開けたら、部屋の中は今までのつむじ風もなく紙一枚飛んでいない。何もない普通でした。

後日、そのことの報告を受けました。
「あれは何ですか?」「それはあの世に招待をうけたんや」
「えっ、あの世に招待をうけたんですか?そしたら死んで帰ってこないということですか?」
「帰りたいか?この世に何の未練があるの?お金はない、家はない、女子でない、母は死んでしまう、定年で仕事もない。あなたにとって、この世に戻って何がいいの?何の未練があるの?あなたをこの地上に打ち付けていた、執着というクギが全部抜けた。だから軽くすっと行けた。実はあなたに対して神仏が、悔いて死んでいった母親に会わせてやろうという計らいが、あなたを引っ張ったのや。何でそのまま行かなかったのや」と私は言いました。
これが本当のポックリさんです。

よく老人が「ポックリ寺で祈願してもらった」といわれるが、そんなことでポックリと死ねるのではなく、その老人がこの世に何の未練も執着も、心残りもなくなって、この世につなぎ留めるている、煩悩や執着のクギが全部抜けたら、期せずして、魂が肉体から抜けるのが、ポックリさんの原理なのです。

子供が独り立ちし親離れしていく。自分の主人が死んでいく。兄弟も死んでいく。友だちも死んでいく。とうとう独りぼっちになった。正にあの世に往生、成仏できる条件が整ったということです。
自分の人生が済んでしまうのです。そのときは、あの世にもっとも近いのです。どっちでもいいわ。と思ったときにスーと上がっていくのです。ひとつでも思いが残っているときは死ねません。
そういうふうに成仏するということです。

前にもこんなこと言ったことがあります。
「今やったら苦しまんと、すっと引き取ったげる。あるいは10年長生きする、その代わりにのた打ち回って苦しんで死ぬ、どっちにする?」って言うと、「今、死にたい」と言われる。
人間はみな、苦しまずにポックリ死にたいと思っています。
ポックリさんの原理を持っておられるのです。



 
  我聞11「成仏とは」                             12 「正方流布の27年間の疑問」へ進む
topページへ目次我聞より愛のひびき
 
Copyright (c) 2011 gamon. All Rights Reserved