我聞5-2

神よりのメッセージ   瀬川 宗一

汝の名は神の僕(しもべ)なり
世のすべてのものは神の子なり
盲(め)しいたる者 心盲(め)しいたる者
すべて神の子なり

汝の名を知らんには
エルなる者に慕い来たる
人々の口より我は知るなり

汝の名を尊ぶより
神の子と愛の名において
酌み交わす盃こそ
いやさかに尊きものなり

この世は七つの悲しみと 三つの喜びのなかにあり
汝 我が名において
これらの者に祝福をたれ
三(さん)成りて七つの悲しみを
十(とお)の喜びに変えしめよ


生きる、感じる、行じる、ことが(三成りて)

生かされている喜び、思い考え感じさせられ、行為させられている喜び
これを通して神の子が親に神化していく。


セプティン・ドライブ (七つの教え)

主はいわれる。

1 生かされ生きる自身を知りなさい
人は、天や他生に生かされない限り、独自の力で生きることはできない
生かされ生きる自分自身に目覚めなさい

2 自らの思いや考えが、運命を支配する事実を知りなさい

3 一切の行為は結果となり、報いをみることを知りなさい

4 愛は、人と人を結ぶ粘体であり、調和と繁栄の原点であることを知りなさい

5 人の世にあって、与えることの尊さを知りなさい

6 耐えることの大切さを知りなさい

7 運命は、生命(いのち)の運びであり、生から死に至る生命の歴史である
同時に、自らの心のままに善悪を染め上げる心の帯であり
心の足跡であることを知りなさい

これが世に現れなかったイエスのセプティン・ドライブという七つの教えである。



 
  我聞5-2「神よりのメッセージ」                             5-3「阿弥陀の教え」へ進む
topページへ目次我聞より愛のひびき
 
Copyright (c) 2011 gamon. All Rights Reserved